眉のアートメイクのダウンタイムの期間はどれくらい?痛みは?

2020年2月4日


こんにちは😃

最近は、東京都内をはじめとして関西や九州福岡など日本各地でアートメイクが流行してきてされる方が増えてきていますが、美容施術で気になるのがダウンタイムがどれくらいで、痛みがどれくらいなのかってところで心配になりますよね。

アートメイクをすれば毎日のメイク時間が短縮できるだけでなく、汗や水も関係なくスポーツも気にせず楽しめるし、メイク直しする必要なくて魅力的。

そんな魅力的なアートメイクだけど、仕事もあるし普段の生活に支障があるのは嫌ですよね。

ダウンタイムって聞いたことがある方も多いと思いますが、施術を受けて色素が定着して腫れなどが引くまでの期間のことをいいます。

今回は、眉のアートメイクのダウンタイムについて、腫れや痛みなど詳しくお伝えしていこうと思います。

 

眉のアートメイクのダウンタイムの期間はどれくらい?痛みは?

アートメイクは、大変便利だけど専用インクを医療用の針で皮膚のごく浅い部分に入れていくという医療行為なので、皮膚に傷が入ってしまうということは避けられないので、ダウンタイムは生じます。

ですが、アートメイクの施術で着色するのは皮膚のごく浅い部分なので他の施術に比べるとダウンタイムは軽いです。

 

眉のアートメイクの後はどうなっていく?ダウンタイムは?

ダウンタイムはマシン彫りか手彫りによって違う?

アートメイクの施術の方法には、「手彫り」と「マシン彫り」の2つの方法があります。

「手彫り」の方法は人の手で行う繊細な施術が可能という利点がありますが、施術者のテクニックによって大きな差がでてしまうのが特徴です。

「マシン彫り」の方法は、アートメイク専用の器具を使用し、一定かつ規則的に皮膚に着色をする技法です。(マシンにも、デジタルマシンとアナログマシンがあります。)
デジタルマシンでのマシン彫りの方は振動が少なく肌へのダメージが抑えられ、ダウンタイムが短くなることが多いようです。

クリニックによって、ご希望の予算やデザイン・施術をする場所で彫り方など施術方法が変わってくるので、あらかじめ確認をされると良いでしょう。

 

ダウンタイムの期間はどれくらい?

アートメイクのダウンタイムですが、だいたい1週間くらいということがほどんとです。
施術当日、次の日がもっとも腫れますが、その後は徐々に腫れは引いていきます。

また、腫れや痛みの度合いは個人差があります。

 

アートメイクの施術を受けたその日の状態は?

アートメイクを施術するに当たって、表面麻酔などで麻酔をちゃんと行って痛みを最小限にしながら施術します。
帰宅後、痛みが強いなと感じた時は施術を行った眉の周りの皮膚を冷やしてあげると良いでしょう。

 

アートメイク後の洗顔・クレンジングは?

アートメイクの施術を受けたその日でも、メイクをクレンジングクリームなどで落としたり、石鹸を使って洗顔しても大丈夫です。
気をつけておきたいのは、クレンジング剤や石鹸が施術を受けた部位につかないようにして頂きたいということ。

アートメイクを受けた部位は傷口になって繊細になっている状態なので、やさしく触らずに刺激を与えないようにするのが大事。

 

アートメイクを受けたらお風呂やシャワーは?

シャワーはアートメイクの施術を受けたその日から浴びることはできます。入浴は出血の原因になるので数日はシャワーのみにするようにしましょう。

アートメイクを受けた部位は傷口になっていて雑菌に注意しないといけない状態になっているので、湯船には1週間は入らないようにすること。
自宅の入浴はもちろん、スパや銭湯や温泉、サウナも出血を引き起こさないためにも、1週間は遠慮するようにしてください。

 

アートメイクを受けたら運動は?

アートメイクの施術を受けたら、皮下の血管が広がって出血する可能性がある運動は控えるようにしてください。
他にも、岩盤浴やホットヨガなど体温をあげて行うものも、出血の可能性を高めてしまうので、腫れが引くまで控えるようにしましょう。

不特定多数の方が利用するプールや温泉やホットヨガなどの場所では雑菌が入るのを防ぐという意味でも、1週間は控えるようにした方が安心です。

アートメイク施術、翌日、3日目はどうなる?

アートメイクの施術を受けて次の日は、眉の周りのあたりに赤みが感じられることが多いと思います。
かさぶたができてきますが、施術を受けた眉のあたりに違和感を感じても、手で触れたりこすったりしないようにしましょう。

病院から処方される皮膚を保護する薬(ワセリン)で保護をするようにしてください。

 

アートメイク施術、4日目〜1週間の状態は?

このくらいになると、施術を受けた眉のあたりの赤みは引いて消て、かさぶたが目立ってきます。

決して無理やり取ってはがすようなことはせず、自然にはがれ落ちてくるのを待ち、引き続きワセリンでしっかり皮膚を保護するようにしましょう。

アートメイク施術後、1週間以降は?

施術から7日〜10日くらい経過すると、ベージュ色のかさぶたが剥がれ落ちてきます。

かゆくてこすりたくなっても、引っ掻いたりせずに、やさしく刺激を与えないようにしましょう。

✔︎ かさぶたが取れてくるこの頃は、眉の色の濃さをよくチェックしてみるといいでしょう。

最後に

アートメイクの施術を受けた後、どうなっていくか、ダウンタイムの腫れや痛みについて詳しくお伝えしてきました。

手軽で便利なのでアートメイクはとても魅力的ですが、施術を受ける前に不安な材料は知っておくと安心ですね。

アートメイクのだいたいのダウンタイムは1週間です。ちょっとの間辛抱の時間ですが、アートメイクをすれば自分のすっぴんに自信を持てる理想の毎日がやってきますね!

スケジュールをうまく調整して、楽しいアートメイクライフを過ごしましょう。